英会話
英会話 個人レッスン 初心者向け英会話 子供英会話 中学生 英会話 家族で英会話

母音 - TOP


英会話講師になるための基礎知識 >> 英語の母音を基本の音と 考える

この記事は MyPace English (MPE) の英会話講師向け 研修資料と 講師との対話の 一部を 抜粋・編集したものです。

英語の母音を基本の音と 考える

世界中どの言語も、単語は母音と子音から成り立ちますが、言語の発音法や リスニングを学習する際、まず その言語の母音の特徴を知ることが大切です。 簡単に母音を説明する時は、日本語の場合 "あ・い・う・え・お" の5個が 基本的な母音であり、英語の場合 それに近い A - I - U - E -O の音素を指します というのが 分かりやすいでしょう。
ただ、英語の発音法を学ぶ際は、母音は、(1) 声帯が振動する有声音であること。 そして (2) 声が口を出るまでの間、吐く空気が舌や唇等で妨げられない音であるという 2点を 実際に、発話して、確認することから 始めましょう。 有声音である 母音の特徴を理解すれば、無声音である 子音(P,T,K) など、日本人の発音にかける力が 弱い音についても、理解できるからです。

英語の母音の発音を マスターする

日本語の母音は5つ(あ・い・う・え・お)ですが、英語の母音は基本的なものだけで 12個あります。 ここで、大切なことは、英語の12個の 母音の発音法をマスターせず、日本語の5つの母音を代用することが、日本人のカタカナ英語の原因であるということです。
母音音素をマスターすることの重要性は、例) hAt - hOt - hUt の発音が全て 同じに聞えてしまう。 などと説明すれば、誰でも理解できると思います。 ただ、日本人学習者にとって、英語の母音音声のマスターが困難なのは、学習者の問題というよりも、日本の 音声英語教材の母音リストや、指導法は 煩雑すぎて、母音獲得の 優先順位や、音素の前後に子音を置いた 音節の概念など、重要な点が 伝わりにくいため、機械的に知識を暗記する結果に 終わってしまい、実践である英会話の現場で、その知識を活かせないことにあります。

マンツーマン英会話の授業であれば、頻度の高い音と、日本人が間違えやすい発音だけを 集中して教えることができるので、その発音法だけでなく、母音の役割や特性まで、教え、その 響き を実感してもらうことができます。 特に 外国人との接点の少ない人は、"日本人の英語が伝わらない理由は 文法よりも 発音によるところが大きい。" ことを 実感したことがないため、どうしても発音を軽視しがちです。 英語の発音が通じなければ、会話に参加していないのと 同じであるという 意識を高め、まず、母音の基本的性質からマスターしてもらいましょう。

まとめ

- 英語の母音を、単語の綴りを見ず、口の動きを意識せず、発音できるようになることが 目標です。

- 英語の母音を、日本語の母音で代用さることが、カタカナ発音の 原因となります。

- 敢えて 弱母音の発話法が 一番大切と考え、音声的アプローチから、韻律的アプローチに切り替えましょう。

関連する項目

英語の強弱、日本語の高低 (Stress- and syllable-timed Languages)
音節 (syllable)
音素 (phoneme)
発音記号 (phonetic symbol)
子音 (Consonant)
半母音 (semivowels)


英会話 個人レッスンへ