成人英会話 main


関連する情報

🔗 レッスンとメソッド

🔗 女性向けの英会話

🔗 家庭教師なら 我が家向き

🔗 個人レッスン - 講師の視点

🔗 受講者様の声


タイトル文字


英会話 初心者の方に上達感を体感してほしい


英会話 初心者の方でも英語で、”How are you?” と声をかけられれば、”I’m fine, thank you.” と自然に答えることができます。 このように日本語の思考を介さずに、英語で話せる範囲のことを、私たちは  感覚操作領域 と呼んでいます。


英会話 初心者の方も、すでに2,500から、3,000の英単語は知っています。 ただ、感覚操作領域に入っている単語が少ないため、英語が有機的につながらない - 言い換えれば、もうすでに知っている 2,000程度の単語を、その中に置くだけで、初心者の方の 海外旅行先での不便は、かなり解消されます。


感覚操作領域: 潜在意識にある文法の感覚を用い、英語を一語一義で訳すのではなく、イメージで捉え、反射的にセンテンスを組み立て 発話する、認知文法を用いた 発話スタイルが可能なトピックや 文脈を指します。


メソッドとデザイン


初心者 英会話に必要なパートナーとしての講師


感覚操作領域 の中に、どの情報(英単語や文法)を置くべきか。 この判断は、初心者の方にはとても難しい - 英会話 初心者の方に パートナーとしての講師が必要な理由です。


英語はある程 "読める" が、"話せない" という初心者の方が多くいらっしゃいます。 それは、大切な英語情報を 感覚操作領域 のフレームの外側に置いている - 優先順位が正しくないまま、英語が積み重なっているのです。 このような方は、英語情報をアライメント(alignment / 整列)するだけで、英語の切り出し、展開、そして 相手からのフィードバックにかなりの違いが生まれてくる - 新しい単語や文法はほとんど使わずに。


新しいスタート地点に立つ - 「話せなかった」 のではなく、「感覚が働いていなかった」と、実感が生まれる - 約4割の方が、初心者からスタート - 、英会話未経験 初心者の方の、可能性を引き出します。


女性英会話


トピックス


🔗 英語会議を 乗り切る 要領のよい英語は コレ - 初級ビジネス英会話 - the Survivor

🔗 ここまでやれば 上達しないはずがない! - トラベル英会話 初級


週末の英会話


成人英会話 個人レッスン


アウトプット(実際に英語で話すこと)が、半分を占める個人レッスン。 言語感覚の違い、和文英訳的な発想、帰納法的な展開、等時間隔の発話リズム、英語と日本語の差異を意識する - 今までにないベクトルで、活性が始まります。



読む、書く、聞く、話す の 「部分へのフォーカス」から 感覚、発想、展開、リズム の 「ゆるやかなフロー」へ。 英語は正しく積み重なり、時を重ねて成熟する、本来の姿に立ち返ります。


英会話例文集


成人コース


成人英会話


日常英会話: 今までうまくいかなかった人のために、ノウハウを集約。 学校や一般的な英会話スクールとは 異なるアプローチを用いて、英語操作能力を高めます。

日常英会話バナー


トラベル英会話: 初心者の方で、海外旅行で困らない英語力を目標に、英会話を始めてみたいという方へ。 現地でのシーンに合わせた 表現法を学びます。

トラベル英会話


ビジネス英会話: 深みあるやりとり - 共感を獲得するための 言語操作能力を目指す。 "英語が通じた" から、"相手が言葉をしっかり受けとめた" へ シフトします。

ビジネス英会話


TOEIC & Beyond: TOEIC のスコアは 結晶性知能によるもの。 英会話の流動性知能を意識した アウトプットを試みます。 TOEIC のスコアは、スピーキング・スキルを反映していないと 気づいた方に お勧めです。


TOEIC


トピックス


英会話について、私たちが思うこと


ツールとしての英語 - この表現は時として、相互性(主体と相手が互い合う性質)の乏しいコミュニケーションを連想させてしまいます。
「通じる」、「伝わる」より一歩前に出て、「相手にどう受けとめられたか」を意識することによって、人とのやりとりが、より印象的になる - 私たちはそう考えます。


感覚、発想、展開、リズム の観点から、発話された英語を見直し、「ニュアンス」- 発話した英語が、相手の心にどう響くか? 「表現のこなれ」- もう少し、スマートな表現はないか? 少しでも気に留めて、導き出すことで、「英語の通じ方」がよくなるものです。

何故そんなことに手間をかけるの? 答えの一端は、私たちが英語表現の豊かさや、機微を大切にする姿勢と密接です。 言葉のやりとり。 気持ちを伝えること。 それが日本語であっても、気持ちを置き去りにした表現は、耳に気持ちよくありません。
用件を伝えることに心をとらわれ、相手の立場や感情を顧みない。 そんな英語が日本には、たくさんあふれている。 だからあえて提案したいのです。

英語はある意味、西洋文化を凝縮した世界。 ただでさえ誤解が生じやすい。 それを解決するためには? これは、あまりに大きな問いかけですから、そうならない英語の流れの作り方を、一緒に考えて、工夫する。 その現場が個人レッスンです。
講師とキャッチボールをするように、英語の流れを確認しながら進行する個人レッスン。 直感的に発話された英語を、造形的に相手がいちばん受けとめやすいように整えていく。 英語は自分らしい表現手段として、変化を続けます。


基礎知識


まとめ


『15年ぶりくらいですよ。 "やればできるんだな" と、実感がもてたのは。』 - 野澤 祐二 様 (千代田区 麹町) 🔗 海外にも商機を見つけて


成人英会話の感想


英会話に 興味はあるけれど、忙しすぎて" とお考えの方へ


家庭教師のメリット


通学時間0。 待ち時間0。 交通費も込み。 多忙な方に、永く続けていただける、家庭教師 Style。 延期・振替もできるので、時間とお金が有効利用できます。


体験レッスンを受けよう


質問フォームへ


別サイトのご案内