講師の視点 - 英会話上達のヒント

英会話 個人レッスン MyPace English - 英会話 プライベートレッスン 英会話 個人レッスン - 受講者の声 - 英会話講師 - 料金 英会話 体験レッスン - ご入会 会社情報
日常英会話 - 初心者英会話 キッズ英会話 - 子供英会話 & 帰国子女 中学生 ・ 高校生 ミニグループ・レッスン - ご家族で 募集・求人 サイトマップ
MyPace English - メインページ
講師の視点 - 上達のヒント
  松山 えり先生
家庭教師の一例
  清水 由梨様
MyPace English (マイペース・イングリッシュ)は 英会話専門の 比較的 小さな 家庭教師センター。
今年で12年目、約180名の方に ご受講いただいています

広告での集客を行なわないので 知名度は高くありませんが
ご紹介による入会者さまが 多いことや
3年以上 ご受講される方の比率が大きいこともあり、
大量生産や、紋切り型 のサービス提供が不得手ながらも 着実と成長しています

英会話 個人レッスンは 日本では まだ歴史の浅い教授法。
グループ・レッスンの延長にない 個人レッスンを提供している点で ユニークでありながら 緻密。
そして 何よりもパーソナルです



お医者様、経営者の方々 のご受講が多い

経営者や、開業医の方々に人気の、訪問型の英会話 プライベートレッスン。
都心部のクリニック、審美歯科のお医者様のご受講が多いのは、
外国人の患者さんが増えているため。
ベンチャーマインド溢れる若手経営者の方や
士業を営む女性の方の ご受講も、多く承っています

利便性 - オフィス・クリニックで、昼休みや、勤務終了後に受講できる点が便利
相性 - 論理的思考の強い方が多く、説明の少ない外国人講師のレッスンを頼りなく感じる
親しみ - 幼少の頃、家庭教師から教わっていたので、英会話も担当制プライベートがよい

Voice … アメリカやヨーロッパからも問合わせが来るようになって。 
海外の見本市にも思い切って参加するつもりです - このところ日本が元気ないから。
社員もみな、海外進出に前向きです - 野澤 祐二様 >> より」



芯のある英語教育をお持ちの ご父兄さまへ

ゲームやお遊びでなく、学習要素と実用性を兼ね備えた子供英会話を。
MyPace English (マイペース・イングリッシュ)の方針は、
英語教育にしっかりとした方針を持つ、ご父兄様から評価を受けています

飛躍 - お遊び中心の英会話は もう卒業! 成長に合った別の方法を考えたい
転換 - 英語教室に楽しそうに通っているが、簡単な英語表現がなかなか身につかない
使い心地 - 習い事にいくつか通っているので、時間調整がしやすい家庭教師がよい

Voice … アメリカでの家族赴任を終えて帰国後、長男がお世話になることに
なりました。 帰国子女の英語の保持の仕方と、その限界まで、
納得できる説明をしてくれたのは、ここだけでした - 省吾君のお母さま >> より」



自宅でなら 主婦 の方にもメリットがいっぱい

子育て、仕事にお忙しい主婦の方に、抜群の使い勝手。
「英会話スクールの雰囲気が、どうも苦手」 との声は女性の方から、よく聞かれます。
子供と一緒に。 夫婦なら気軽。 ファミリーでのご受講も人気です

柔軟 - お昼前後に受講できるので、時間の負担が少ない
フィット感 - お迎えや、家事に時間が取られるので、先生に来てもらえると助かる
パーソナル - 初心者でも安心できる担当制プライベートレッスンが、自分には合っている

Voice … 送り迎えがないだけで、本当に楽ですよ。 子供たちが小さいうち、
家庭教師スタイルは何かと便利です。 家庭の用事に合わせて、
開始時間を少し遅くしたりできる点も、私たち向きです - 清水 由梨 様 >> より」
______________________________________________________________________________________________________

落ち着きの安心 - 自分らしく、我が家らしく

成人の方のご受講は 30代から、50代が中心。
一般の英会話スクールより、少しだけ年齢層が高いのが特徴

一人ひとりと向かい合う、ご自宅での個人レッスン。
浮ついたところがない - 落ち着いた雰囲気です

お子さまのご受講は、6才から、12才が中心。
初めての英会話を、私たちと一緒に始める子供たち。
外国人講師のグループレッスンで、成果が挙がらなかった
子供たちの乗り換えが増えています

Voice … 頭で考え過ぎてしまいがち。 そんな日の英語は奥行きに欠ける。 
ひねり出すのでなく、引き出される感覚から、生まれる英語。
表現したい本当の気持ちが、英語になる時がある。 心が一瞬だけ躍動する。 
- 宮下 香織様 >> より」